監督だけじゃない!関学大内部に強硬論も「コーチ陣も総辞職を」

2018年05月16日 05:30

アメフト

監督だけじゃない!関学大内部に強硬論も「コーチ陣も総辞職を」
6日に東京都内で行われた定期戦で、パスを投げ終えた関学大選手に背後からタックルする日大の選手(関学大提供・背番号をモザイク加工しています) Photo By 共同
 アメリカンフットボールの定期戦で日大の選手が悪質なタックルを行った件で、負傷したQBの所属する関学大は15日、日大へ送付していた抗議文に対する返答を受け取ったことを明らかにした。返答期限の16日より1日早く、この日の夜、日大のコーチが持参したという。内容は明らかにしなかったが、これを受け、17日には関学大が会見する。

 日大はこれまでホームページ上で謝罪文を掲載しただけで、関学大への正式な謝罪や説明はなかった。そのため、関学大からは定期戦存続の条件として、内田正人監督の辞任だけでなく、コーチ陣の「総辞職」を求める強硬論も出ていた。試合前に内田監督が「相手QBにケガをさせる」と指示したという報道もあったが、関学大関係者も「(プレーは)監督の指示である可能性が高い」とした上で、「それを止められなかったコーチ陣にも大きな責任がある」と断言。また、内田氏は日大の常務理事の肩書も持っており、もし追放処分になっても、大学に籍を残し“院政”を敷く形になれば、部の浄化はできないと指摘する関係者もいる。

 また、関学大は負傷したQBが14日に西宮市内でMRI検査を受け、「第2・第3腰椎棘間(きょくかん)じん帯損傷」と診断されたことを発表。後遺症が残る可能性は極めて低いとの所見が出されたものの、鳥内秀晃監督は「交通事故と同じで、もう少し様子を見てみないと分からない」と慎重な姿勢を示している。
続きを表示

おすすめテーマ

2018年05月16日のニュース

スポーツのランキング

特集

【楽天】オススメアイテム