阪神・小野寺 支配下へアピール弾 今春2発目に矢野監督も「素晴らしい」

2021年02月28日 05:30

野球

阪神・小野寺 支配下へアピール弾 今春2発目に矢野監督も「素晴らしい」
<練習試合 中・神>6回2死一、三塁、小野寺(右)は左越えに3ランを放ち、筒井外野守備走塁コーチとタッチをかわす(撮影・坂田 高浩) Photo By スポニチ
 【練習試合   阪神8ー1中日 ※特別ルール ( 2021年2月27日    沖縄・北谷 )】 阪神の育成選手の小野寺がまたも猛アピール弾を放った。途中出場し、6回2死一、三塁の第1打席で山本の142キロの直球を強振。左翼席後方の防球ネットに突き刺さる特大3ランに「走っていて見てなかったです」と照れ笑いした。
 今キャンプチーム1号となった7日の紅白戦に続く一発。「今日はたまたま飛んだ。パワーがめっちゃあるわけじゃない。芯に当てて右中間、左中間に強いライナーと思って打席に立っている」と軸はぶれない。1軍キャンプに抜てきした矢野監督も「素晴らしい。少ないチャンスの中でああやって1本打つのは大したもん」と絶賛だった。

 同じ育成選手で宜野座組だった鈴木が「左脇腹の筋挫傷」で26日に帰阪。残り1枠しかない支配下登録に向け、どんなチャンスも逃すわけにはいかない。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年02月28日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム