阪神・青柳 開幕投手へ前進の3回無失点 大野雄との投げ合い「シーズンでも勝ちたい」

2021年02月28日 05:30

野球

阪神・青柳 開幕投手へ前進の3回無失点 大野雄との投げ合い「シーズンでも勝ちたい」
<練習試合 中・神>雨の中、3回無失点の好投を見せた青柳(撮影・北條 貴史) Photo By スポニチ
 【練習試合   阪神8ー1中日 ※特別ルール ( 2021年2月27日    沖縄・北谷 )】 「大役」を狙う言葉に違わぬ結果を示した。阪神・青柳は、3回2安打無失点と好投。開幕投手候補としてさらに存在感を高めるパフォーマンスを示した。
 「テンポを目標に投げていたんで、課題を持ったものをできたので良かったかなと」

 小気味良くアウトを積み重ねた。2回無死一、二塁の窮地では滝野を一ゴロ。坂本の二盗阻止にも助けられ、最後は岡林をシンカーで空振り三振に斬った。「外のスライダーでカウント取ったり、見逃し三振取れたり、変化球自体は良かった」。全37球で直球はわずか1球。ツーシーム、シンカー、カーブを織りまぜて、相手打線に的を絞らせず。矢野監督も「意図していることはできたと思うし。中身もしっかりしたものはあった」と質の高い投球に目を細めた。

 「そういう年齢になってきましたし。(若手を)引っ張っていきたいなという意識でキャンプに入ってきた」。ぜん息の検査で帰阪している西勇の調整遅れが懸念される中で、名乗りを上げている「3・26ヤクルト戦」へ説得力のある姿を見せつけた。

 竜のエースから刺激をもらった。中日先発の大野雄と試合前のブルペンで隣り合わせ。「試合前にどうつくっているのかとか。大野さんと投げるんだというので緊張感が増した」。存在を強く意識してマウンドに上がった。

 昨年は4度投げ合って2勝2敗も、後半2試合は連続完封と力の差を見せつけられた。「(昨季終盤は)僕が投げて負ける試合が多かったので。シーズンでも大野さんみたいな投手に勝ちたい気持ちはあります」。2回3失点だった開幕投手最有力の左腕に意地を見せ、シーズン中の再戦へ期待を膨らませた。

 雨雲が背番号50を追いかけているのか。「散々、言われました」。序盤は小雨の中で腕を振り、降板後は晴れ間がのぞいた。「雨柳」ぶりも発揮。多くのインパクトを残し沖縄での実戦登板を締めくくった。 (遠藤 礼)
続きを表示

おすすめテーマ

2021年02月28日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム