牛島和彦氏 昨年までと違う感覚 菅野ならつかめる

2021年02月28日 05:30

野球

牛島和彦氏 昨年までと違う感覚 菅野ならつかめる
<巨・広>一塁側にプレートを踏んで投げる菅野(撮影・光山 貴大) Photo By スポニチ
 【練習試合   巨人5―1広島 ( 2021年2月27日    沖縄セルラー )】 【牛島和彦 視点】初登板にもかかわらず巨人・菅野はボールの切れも良く、順調に来ている。まだこの時期なのでコントロールはバラついていたが、フォームに問題はないし、登板数を重ねれば制球も良くなる。渡米もあって自主トレ期間中に練習が十分にできなかったらしいが、しっかりと練習してきたという感じを受けた。
 プレートの一塁側を踏む効果。30歳を過ぎると、体のキツさが出る。三塁側だと、球数を重ねていった時に、体を使わないと右打者の外角に球がいかなくなる。投げミスをしないよう考えた工夫なのだろう。右打者の外角にコントロールしやすくなる利点。その制球は失敗したくない。

 左打者は外に逃げていく球に空振りし、ビックリしたような顔をしていた。左打者への外角球はどんどん離れ、角度が出てくる。三塁側を踏んだ時の内角へのクロスボールはなくなるが、外に逃げていく嫌な部分が出る。

 昨年までの感覚とは違うと思う。開幕までにつかめるか、つかめないか。菅野ならつかめる。(スポニチ本紙評論家)
続きを表示

おすすめテーマ

2021年02月28日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム