広島ドラ3大道 あるぞ新人守護神、実戦4試合で無安打無失点 佐々岡監督「候補であることは確か」

2021年02月28日 05:30

野球

広島ドラ3大道 あるぞ新人守護神、実戦4試合で無安打無失点 佐々岡監督「候補であることは確か」
<巨・広>力投する大道(撮影・光山 貴大) Photo By スポニチ
 【練習試合   広島1ー5巨人 ※特別ルール ( 2021年2月27日    沖縄セルラー )】 広島ドラフト3位・大道温貴投手(22=八戸学院大)は、27日の巨人との練習試合で9回に初起用され“抑えテスト”に応える3者凡退に抑えた。紅白戦を含む実戦4試合で被安打0。首脳陣からは抑え候補として認められ、突如守護神争いに名乗りを上げた。
 練習試合とはいえ、9回に登板させたことには狙いがあった。横山投手コーチは「9回をバリバリ意識した起用。その(セーブ機会)ぐらいの気持ちで任せた」と言及。自身初の最終回の登板に“抑えテスト”の意味合いが含まれていようと、大道はこれまでと変わらず冷静だった。

 「(9回を)意識しなかった。永川コーチが“どの回でも点を取ったあとでも、やることは変わらない”とずっと言っているので、その気持ちを持って投げました」

 1―5と劣勢ながら特別ルールで行われた9回裏。先頭の陽岱鋼(ヨウダイカン)を直球3球で遊ゴロにすると、続く八百板はカウント2―2からの直球で左飛。代打・石川は1ストライクからのスライダーで二直に封じ3者凡退に抑えた。「ストライク先行でいこうと思っていた」との狙い通り、11球中ボールは3球と制球力が抜群。最速は149キロを計測し、変化球はスライダー3球のみと直球で押し続けた。

 絶好のアピール機会にも関わらず、リスクを承知で“裏テーマ”を設定していた。「次の日も(登板が)あると思って投げました」。大学時代は主に先発で、中継ぎ登板の経験が少ない。シーズン中の連投を想定して力感を制限してみると、新たな発見があった。

 「結局、150キロ近くが出ている。打たれなかったし、今日ぐらいの力感の方がいいのかなと感じました」

 紅白戦も含めて実戦4試合目でいまだ無安打無失点を継続する。佐々岡監督からは「今日は負けているところの9回だったけど(抑えの)候補であることは確か」と認められ、抑え候補に名前が挙がるまでの評価を得た。

 昨季19セーブを挙げたフランスアが守護神最有力ながら、新型コロナ感染で来日が遅れて2軍調整中。指揮官は「フランスアに期待する面もあるけど、他の誰かが良ければその人に…ということになるだろう」と競争を促す。大道の開幕守護神も決して夢ではない。(河合 洋介)

 《ドラ2森浦も1回無失点 左打者4人ともゴロ料理》ドラフト2位・森浦(天理大)が安定感を示し、開幕1軍をアピールした。0―3の6回から3番手で登板。1死から松原に対外試合初被安打となる二塁内野安打を許したが、続く吉川、大城をともにスライダーで一ゴロに仕留めた。4人の左打者と対戦し、全てゴロを打たせる危なげない投球。「左投手は左打者をしっかり抑えないと、投げるチャンスはなくなってくる。しっかり結果を残したい」とアピールを誓った。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年02月28日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム