野村謙二郎氏 大道&森浦の台頭で広島救援陣に光 栗林含めた3投手で“逃げ切り態勢”築け

2021年02月28日 08:30

野球

野村謙二郎氏 大道&森浦の台頭で広島救援陣に光 栗林含めた3投手で“逃げ切り態勢”築け
<巨・広>力投する大道(撮影・光山 貴大) Photo By スポニチ
 【練習試合   広島1ー5巨人 ※特別ルール ( 2021年2月27日    沖縄セルラー )】 【野村謙二郎 視点】広島・森浦は対外試合に入って打者の内角を突きやすくなってからは球速、球威が上がってきた。2種類あるスライダーも生きる。大道は投げっぷりが良く、直球で空振りも取れる。ずっと打たれないということはないので、そういう状況でどう対応するのか、逆にいまのうちに見てみたい。
 昨季救援陣の防御率4・64はリーグ最低。これを1点近く向上させ、逃げ切れる確率を高めたい。いくら点を取っても、取られていては打者陣の士気にも関わる。栗林を含む新人3投手への首脳陣の評価は高く、このままいけば開幕1軍にも入ってくる。課題だった救援陣にレベルアップが見込めそうだ。

 走塁ではワンバウンド投球などで次の塁を狙う意識の高さが伝わってきた。いまはキャンプの延長線なので積極性を出すのはいいが、開幕が近づけば、状況判断も求められる。5回の好機では状況に即した打撃ができなかった。内野ゴロで1点を取れるところで空振り三振。1軍経験の豊富な野間だけに余計に残念に映った。(スポニチ本紙評論家)
続きを表示

おすすめテーマ

2021年02月28日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム