中日・根尾が今春初の外野守備 与田監督「1軍で試合に出るため」 試合前のシートノックで左翼へ

2021年02月28日 16:36

野球

中日・根尾が今春初の外野守備 与田監督「1軍で試合に出るため」 試合前のシートノックで左翼へ
中日・根尾(撮影・椎名 航) Photo By スポニチ
 【練習試合   中日1ー2楽天 (5回降雨打ち切り) ( 2021年2月28日    沖縄・北谷 )】 中日・根尾は試合前のシートノックで今春初めての外野守備となる左翼を守った。
 今年は遊撃のレギュラー奪取を目指しキャンプイン。特守も内野で受けていた。

 今春の対外試合は8戦で23打数8安打、打率・348と好調をキープしているが、不動の正遊撃手・京田が27日の阪神戦、28日の楽天戦と2試合続けて遊撃で先発出場。根尾はベンチスタートだった。

 与田監督は左翼を守らせた理由について「1軍で試合に出るため。打撃で十分、使いたくなるものを出している」と説明。今後は打席数、出場機会を確保するため「福岡で外野で使う」と明言。3月2、3両日のソフトバンクとのオープン戦は外野起用する方針を明かし「1番の目的は1軍の試合に出すこと」とした。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年02月28日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム