DeNA・三浦監督 球団歌で初ソロデビュー「自信はないけどヨロシクです」

2021年03月02日 05:30

野球

DeNA・三浦監督 球団歌で初ソロデビュー「自信はないけどヨロシクです」
キャンプ中の2月3日の収録で球団歌を熱唱するDeNA・三浦監督(球団提供) Photo By 提供写真
 番長がソロデビューする!5日に発売されるDeNAの球団歌CD「熱き星たちよ2021バージョン」のボーナストラックで三浦新監督が独唱する「三浦監督歌唱バージョン」が収録された。指揮官は「球団に言われ、押し切られました。よかったら聴いてください。自信はないけどヨロシクです。楽しんでもらえれば」と語った。
 球団歌はDeNA誕生の12年から、歴代の指揮官である中畑、ラミレス両監督に加え筒香(レイズ)、山崎ら主力選手が歌詞の一節を歌いつなげるものが毎年発売されている。

 今年も三浦監督、佐野、大貫らの歌声が披露されるものは録音済み。それに三浦監督の独唱も追加されることになった。チームで1人で歌い切るバージョンは初の快挙だ。現役通算172勝の実績に加え、ファンの人気も絶大。そんな新監督に対し、球団も最大限の敬意を表した。

 収録は沖縄・宜野湾キャンプ序盤の2月3日に行われ、一発OKで終えた。同28日に終了したキャンプでは「全員がMVP」と語るなど充実した時間を過ごし、2日から全体練習を再開する。

 今年は球団創設10周年の節目。キヨシでも、ラミちゃんでも実現しなかった独唱で、今季スローガン「横浜一心」を強く表現する。

 ▽熱き星たちよ 作詞・秋谷銀四郎氏、作曲・朝倉紀幸氏で92年に発表された。12年のDeNA誕生から、サビの「横浜ベイスターズ」を「DeNAベイスターズ」に変更し、監督、ナインらの参加は毎年変更されている。三浦監督も現役時代に参加経験があり、外国人助っ人も数多く参加してきたが、今年はコロナの影響で参加はしていない。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月02日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム