神宮球場の土“総入れ替え” ヤクルトナインが要望、異例内野アンツーカー部分まで

2021年03月02日 05:30

野球

神宮球場の土“総入れ替え” ヤクルトナインが要望、異例内野アンツーカー部分まで
神宮球場 Photo By スポニチ
 ヤクルトの本拠地である神宮球場の土が「総入れ替え」となったことが1日、分かった。
 これまでもマウンドや本塁付近の土を改修することはあったが、内野のアンツーカー部分も替えるのは異例だ。昨年までは掘れやすい土質でゴロのイレギュラーが起こりやすい状態であったため、ナインが「硬くしてほしい」と要望。1月に工事をスタートさせ、入れ替え作業はほぼ終了している。2日に神宮球場で予定されている全体練習で選手たちが最終確認。ヒアリングした意見を踏まえ、12日のオープン戦の初戦となるソフトバンク戦までに完成させる。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月02日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム