快足ロッテ・ドラ3小川 OP戦2試合で3盗塁「自分の持ち味を出したい」

2021年03月04日 05:30

野球

快足ロッテ・ドラ3小川 OP戦2試合で3盗塁「自分の持ち味を出したい」
<オ・ロ>9回、二塁盗塁を決める小川(撮影・奥 調) Photo By スポニチ
 【オープン戦   ロッテ2-0オリックス ( 2021年3月4日    京セラD )】 ロッテのドラフト3位・小川(国学院大)はマウンドの漆原が足を上げた瞬間にスタートを切ると、一気に加速した。あとはスライディングするだけだ。
 「盗塁で意識するのはスタートだけ。投手主導だけど、自分の中でタイミングをつくりながら、投手を自分に合わせていく感じ」オープン戦初戦の前日は途中出場し、2打数2安打2盗塁。この日も6回に代走で起用され、そのまま遊撃を守った。そして9回、先頭で四球を選ぶと、続く福田光の4球目に二盗を決めた。オープン戦トップの3盗塁をマークし、成功率は10割。さらに3打席で2打数2安打1四球と打率&出塁率も10割だ。「ヒットがいいけど、四球も価値がある。塁に出て、こうやって2試合で盗塁を3個決められた」と笑った。

 名前は「龍成」。俳優・横浜流星と同じ読み方だ。ブレーク中の個性派俳優のように「幕張のリュウセイ」も唯一無二の特徴を誇る。大学No・1と呼ばれた遊撃の守備範囲はプロでもトップクラスに入る。そこに50メートル5秒9の武器がある。チームには和田、荻野ら快足がそろうが「元々足の自信があって、そこに守備がついてきた。大学1年の時も代走で、ベンチに入れた」と胸を張った。

 遊撃手は新外国人エチェバリアの来日が未定で、現時点では藤岡と小川が実戦で起用されている。井口監督も「レギュラーを目指してほしい」と期待する。そんな言葉にも、小川は舞い上がることはない。「まずは自分の持ち味を出したい。開幕1軍、開幕スタメンはその先にある」。そんな冷静さも個性なのだろう。(横市 勇)

 【ロッテ俊足アラカルト】
 ☆荻野貴司 入団1年目の10年に46試合で25盗塁を決める衝撃デビュー。同年の右膝負傷など故障が多く盗塁王こそないが、出場784試合で球団歴代5位の通算220盗塁をマークしている。また、通算の盗塁成功率は.843(盗塁失敗41)で、通算200盗塁以上の選手では西川(日=.864)に次ぐ歴代2位だ。

 ☆和田康士朗 高校時代には陸上部にも籍を置いた50メートル5秒8を誇る俊足。プロ3年目となる昨年、育成選手から支配下に昇格を果たすと、代走を中心に起用されてチームトップでパ3位の23盗塁といきなり活躍した。

 ◆小川 龍成(おがわ・りゅうせい)1998年(平10)4月5日生まれ、群馬県館林市出身の22歳。館林八小1年から野球を始め、多々良中では「館林ボーイズ」に所属。前橋育英では主将として3年夏に甲子園出場。国学院大では1年春からベンチ入り。3年時に日米大学野球に出場した。1メートル71、72キロ。右投げ左打ち。憧れの選手は同じ遊撃手の西武・源田。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月04日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム