ソフトB・上林 開幕準備OK弾!「うまく肘を畳んでスイングできた」、真砂はソロ弾でパンチ力アピール

2021年03月04日 05:30

野球

ソフトB・上林 開幕準備OK弾!「うまく肘を畳んでスイングできた」、真砂はソロ弾でパンチ力アピール
2回2死二塁、右越え2ランを放つ上林(撮影・岡田 丈靖) Photo By スポニチ
 【オープン戦   ソフトバンク4―1中日 ( 2021年3月3日    ペイペイD )】 中堅を守った2人はいつ開幕でもOKだ。7番中堅で先発したソフトバンク・上林が2回2死二塁で先制2ランを右翼席へ運んだ。勝野の内角寄りの高め直球を「うまく肘を畳んでスイングすることができた」と自賛。前日も3安打し、2月の紅白戦、練習試合から実戦全10試合で安打をマークしている。工藤監督は「スイングがコンパクトなのに振ると飛んでいる」と好調キープに満足げだった。
 途中出場して中堅に入った真砂も、持ち前のパンチ力でアピールだ。8回に左腕・橋本の146キロ直球を捉えて右越えソロ。この日唯一の打席で結果を出し「追い込まれていたが、逆方向を意識して食らいついていった」と話した。9年目を迎える貴重な右の長距離砲。外野争いは激しいが「割って入れるように結果を出していきたい」と力を込めた。

 ▼ソフトバンク今宮(3回に中越えソロ。両ふくらはぎの不調から復帰し2安打した前日に続く活躍)体の回転でうまくスイングできた。まだまだ若い選手には負けません。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月04日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム