巨人・広岡 移籍後初出場は2打席連続三振 古巣相手に「力が入りすぎた」

2021年03月04日 05:30

野球

巨人・広岡 移籍後初出場は2打席連続三振 古巣相手に「力が入りすぎた」
8回2死、広岡は空振り三振に倒れる(撮影・西川祐介) Photo By スポニチ
 【オープン戦   巨人1―6ヤクルト ( 2021年3月3日    東京ドーム )】 ヤクルトからトレードで加入した巨人・広岡が合流し、古巣相手に移籍後初出場した。試合開始4時間前に守備のサインプレーを確認。6回に代打で出場し、遊撃の守備にも就いた。
 2打席連続の空振り三振を喫し「巨人のユニホームを着た初めての試合で、相手がヤクルトだったので力が入りすぎました」。試合前にグラウンドでの新入団セレモニーに同席した原監督は「将来性が豊か。必ず中心選手になってくる」と期待を寄せた。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月04日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム