楽天・マー君、2680日ぶり日本の観客の前で登板「楽しみです」 中日戦2番手で4イニング予定

2021年03月06日 05:30

野球

楽天・マー君、2680日ぶり日本の観客の前で登板「楽しみです」 中日戦2番手で4イニング予定
外野でダッシュを繰り返す田中将(撮影・篠原 岳夫) Photo By スポニチ
 マー君がファンの前に帰ってくる。楽天・田中将が、6日の中日戦で2番手で登板する。4イニングを予定しており、この日はバンテリンドームで調整。NPBの本拠地球場での登板は今年初めてで、硬さや傾斜などの確認も行った。
 「楽しみです。素直な気持ちです。(無観客とは)全然、違いますよ」。自然と気持ちが高ぶる。日本のファンの前で投げるのは、13年11月3日の巨人との日本シリーズ第7戦以来。2680日ぶりだ。メジャーも昨季は全試合無観客で開催された。

 シーズン初登板は開幕2戦目に決定。「そこに対して状態を上げて開幕を迎える。その準備をしっかりしていく」と表情を引き締めた。お客さんの入ったスタジアムという舞台装置が、田中将の調整を後押しする。(重光 晋太郎)
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月06日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム