ヤクルト・田口が2回零封 故郷で移籍後初登板し開幕ローテ入り猛アピール

2021年03月07日 05:30

野球

ヤクルト・田口が2回零封 故郷で移籍後初登板し開幕ローテ入り猛アピール
<広・ヤ>移籍後、初登板の田口は2回を投げ無失点に抑え西田(左)とグータッチ(撮影・奥 調) Photo By スポニチ
 【オープン戦   ヤクルト0ー1広島 ( 2021年3月6日    マツダ )】 故郷・広島で上々の再出発だ。巨人からトレードで加入したヤクルト・田口が、移籍後初先発。プレートの三塁側と一塁側を踏み分ける投球を新たに取り入れ、2回1安打無失点と好投した。
 「ソワソワ、ワクワク、ウキウキしながらマウンドに上がりました。イニングは短かったですが、ゼロに抑えることができて良かったです」

 胸を高鳴らせて臨んだマツダスタジアムのマウンド。昨年までは一塁側だったプレートの踏む位置を目まぐるしく変えて幻惑した。初回無死一塁。右打者の菊池涼に初球は三塁側から外角にカーブ。3球目と6球目は一塁側から、クロスファイア気味にスライダーを投じる。7球目は三塁側から内角スライダーで詰まらせ、三ゴロに打ち取った。

 元同僚と、尊敬する先輩がきっかけだ。巨人・岡本和の「左投手の三塁側のプレートって嫌だったりしますよ」の言葉から挑戦を考えた。さらに移籍直後に同じ技巧派左腕の石川に相談して「練習の10球より実戦の10球の方が濃いものになる」と背中を押され早速実践。この日は左打者の西川に対しても両方を使い分け、中飛に。「スライダーの角度や曲がり幅、バリエーションが増えた」と手応えもつかんだ。

 2月3日に右太腿裏の張りで離脱し出遅れた影響で巨人では開幕ローテーション入りが難しい状況だったが、患部も回復して新天地で好投。高津監督は「変化球が低く集められる彼らしいピッチングスタイル。(先発枠を)競争している一人」と明言し、田口が先発枠入りへ大きく前進した。(青森 正宣)

 〇…古巣・巨人の原監督が、移籍後初登板した田口について言及。トレード相手の広岡と両者が「プラスとプラスに」と新天地で飛躍することを願った。両球団でトレードが決まった際、LINEで直接「ヤクルトに求められて、ヤクルト・田口誕生です。頑張っていこうぜ。しっかり見守ります」とメッセージを送っていた。直後に電話がかかってきたそうで「結構明るかった」と振り返った。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月07日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム