阪神・サンズが2戦連発 大山一発の直後に左翼へガツン「福岡は大好きな場所」

2021年03月07日 05:30

野球

阪神・サンズが2戦連発 大山一発の直後に左翼へガツン「福岡は大好きな場所」
<ソ・神>4回1死、左越えソロを放ち、ハッピーハンズで生還する阪神・サンズ(撮影・大森 寛明) Photo By スポニチ
 【オープン戦   阪神3ー1ソフトバンク ( 2021年3月6日    ペイペイドーム )】 阪神・大山の先制1号で球場が歓声に包まれた直後だった。4回1死からの第2打席。2ボール2ストライクからの8球目だ。サンズが外角へのスライダーをジャストミート。快音を残した大飛球は左翼席に飛び込んだ。4番、5番のアベック弾に再び虎党が沸いた。
 「下手投げの投手から打つのは難しいんですけど、どうにか自分で打ち返せるように試行錯誤しながら打席に入っていた。1球、1球集中して甘いボールをミスしないことがキーだったと思います」

 変則右腕を捉えた一撃に価値があった。前日5日のソフトバンク戦では今年の実戦1号弾を記録。2戦連発の助っ人は「福岡は大好きな場所。(好相性の理由は)わからない」とおどけてみせた。昨年も福岡では2月29日のオープン戦で2打席連続本塁打など好相性ぶりは本物といえる。

 現時点で新外国人のロハスとアルカンタラの来日は未定の状況。外国人枠を争うライバル不在の間に、猛アピールが続く。前日は一塁、この日は右翼で軽快な動きも披露。S砲の開幕スタメンが見えてきた。 (山本 浩之)
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月07日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム