阪神・佐藤輝 記念球は「いいですよ」 甲子園では人生初本塁打も、気前よくファンにプレゼント

2021年03月11日 05:30

野球

阪神・佐藤輝 記念球は「いいですよ」 甲子園では人生初本塁打も、気前よくファンにプレゼント
<神・広>  5回 2死二塁 左中間に2点本塁打を放つ佐藤輝    (撮影・成瀬 徹)   Photo By スポニチ
 【オープン戦   阪神9ー3広島 ( 2021年3月10日    甲子園 )】 3月10日は「サトウ」の日だ。阪神のドラフト1位・佐藤輝明内野手(21=近大)が10日の広島戦で甲子園初本塁打を放った。5回に左中間スタンドに運ぶ驚愕(きょうがく)の一発を含め3打数3安打の大暴れ。球団新人の本拠本塁打は2002年浅井良以来で甲子園3安打は80年岡田彰布以来、41年ぶりとなった。
 だが、佐藤輝は記念球に興味を示さなかった。7試合に出場し24打数4安打だった近大時代も含め甲子園での初本塁打となったが「僕はいいですよ(笑い)。取った人が持っててくれたら。僕はいいです」と返還を求めることもせず、ファンの「宝物」になることを望んだ。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月11日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム