阪神・サンズ 2点適時打でも“ジェラシー” 主役を佐藤輝に奪われ「全部、持っていかれちゃった」

2021年03月11日 05:30

野球

阪神・サンズ 2点適時打でも“ジェラシー” 主役を佐藤輝に奪われ「全部、持っていかれちゃった」
<神・広>  5回 2死二塁 2点弾を放った佐藤輝(右)を迎えるサンズ    (撮影・成瀬 徹)   Photo By スポニチ
 【オープン戦   阪神9ー3広島 ( 2021年3月10日    甲子園 )】 阪神の助っ人サンズから思わぬ本音が飛び出した。「ちょっと悲しくなっちゃったよ」。5回の2点二塁打で勝負強さを発揮。代走小野寺を送られ、胸を張ってベンチに戻った直後にルーキーの特大弾を目の当たりにした。
 「全部、持っていかれちゃったね。そんな気持ちだ。みんな2点タイムリーを打ったのを忘れていたよ」

 笑いながら、甲子園初アーチの佐藤輝を迎え入れた。正直すぎる感想だが、悪い気は全くしない。これが猛虎の新しいパワー。逆方向のスタンドに持って行く力に脱帽しながらも、チーム力の充実を感じ取った。

 自身は5回2死二、三塁からスコットのスライダーを捉えた。1、2球目にカウントを取られた球を、追い込まれながらミートした集中力が、勝負強さを裏付けた。

 「走者を還すのは大切だが、還そうと思うと力が入る。強くたたくことを意識した。開幕に向けてコンディションは上がっている」

 オープン戦は4試合出場で、打率・417、2本塁打、4打点と状態をキープ。この日は飛球処理はなかったが、右翼守備も無難にこなし、起用のバリエーションの多さを改めて示した。優良助っ人は、チームの勝利のためなら主役も譲れる器の大きさを持っている。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月11日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム