オリックス 新布陣「一塁・ジョーンズ」をテスト 「最初は緊張した」も、バットでは2打席連続適時打

2021年03月11日 05:30

野球

オリックス 新布陣「一塁・ジョーンズ」をテスト 「最初は緊張した」も、バットでは2打席連続適時打
<オープン戦、オ・ヤ>3回無死、本山の遊ゴロをさばいた遊撃手・紅林からの送球をキャッチしてアウトにする一塁手・ジョーンズ(撮影・坂田 高浩) Photo By スポニチ
 【オープン戦   オリックス7ー6ヤクルト ( 2021年3月10日    京セラドーム )】 オリックス2年目のジョーンズが日米通じ初めて一塁守備に就いた。
 「一塁を守ったのは、まるっきり初めて。送球が来るときは早くベースを踏みにいったり、集中してやっていけた」。

 打球処理の機会はなかったが、打撃では初回2死二塁で石川の直球を右前に先制打。2回2死一塁では左中間フェンス直撃の二塁打で連続適時打とした。

 一塁起用できれば、布陣の選択肢も増える。中嶋監督は「いろんなオプションとしてやっていきたい」と説明した。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月11日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム