オリックス・太田 3長打で開幕スタメン前進 「なかなか打てなかったので、ちょっと楽になりました」

2021年03月11日 05:30

野球

オリックス・太田 3長打で開幕スタメン前進 「なかなか打てなかったので、ちょっと楽になりました」
<オ・ヤ>2回1死一、三塁、太田椋は右中間2点適時三塁打(影・井垣 忠夫) Photo By スポニチ
 【オープン戦   オリックス7ー6ヤクルト ( 2021年3月10日    京セラドーム )】 1番で起用されたオリックス・太田が2二塁打に三塁打と長打3本を放ち高卒3年目で初の開幕スタメンへ大きく前進した。
 「なかなか打ててなかったので、3本出てちょっと楽になりました」と打率が・150から・240まで上昇し、気持ち的に余裕が生まれた。

 中嶋監督は「数字にこだわり過ぎて積極性がなくなるのは嫌。自分のタイミングでしっかり打ってくれればいい」と20歳の若手が長所を伸ばすことを願った。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月11日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム