広島・栗林 1回完全、新守護神いけるぞ! 対外試合はいまだ被安打0、高い奪三振率 適性もバッチリ

2021年03月11日 05:30

野球

広島・栗林 1回完全、新守護神いけるぞ! 対外試合はいまだ被安打0、高い奪三振率 適性もバッチリ
<神・広>1回を三者凡退に斬って取り、笑顔でベンチに戻る栗林(撮影・北條 貴史) Photo By スポニチ
 【オープン戦   広島3-9阪神 ( 2021年3月10日    甲子園 )】 広島のドラフト1位・栗林良吏投手(24=トヨタ自動車)が10日の阪神とのオープン戦で8回に登板。1イニングを3者凡退で終え、対外試合の連続無失点を5試合に伸ばした。抑えの筆頭候補だったフランスアが9日に右膝を手術し長期離脱が決定。ルーキー右腕はここまで抑え候補としての起用が続いており「新人守護神」誕生に向け、また前進した。
 開幕からフランスアの不在が決定し、本格的に抑え適性を見極める段階に入った。6点劣勢の8回、この日の最後を任されたのは栗林。対外試合5試合目で、抑えにふさわしい精神的な余裕も生まれてきた。

 「(本拠地初登板の)前回よりかは緊張をコントロールできて、球自体もいっていた」

 先頭の長坂にはフォークが内角高めに浮いたが左飛。木浪は外角カットボールで遊ゴロ。板山の初球にこの日最速の150キロを計測し、最後はフォークをしっかりと制球し空振り三振させた。打者の大きく崩された体勢が落差の大きさを物語っていた。

 「フォークは低めにいけば振ってもらえる。低めにいく確率を上げていければ武器になると思います」

 対外試合では無失点を継続。しかも安打を1本も許していない。打者15人に対し6奪三振、1与四球。高い奪三振率に加えて制球も抜群となれば、守護神に必要な条件はそろっていると言っていい。

 空白となったポジションについて、佐々岡監督は「この(1軍にいる)メンツでストッパーを選ぶ。それだけチャンスがあるということ。最後の最後まで(競争)」と説明した。抑えを争うのは、昨季勝ち継投を経験した塹江、ケムナに加え新人の栗林、大道の4人。フランスアの離脱決定直後に、栗林が継投の最後として試された意味合いは大きい。

 「リリーフをやる以上、しっかりと勝ちパターンで投げさせてもらえるようにしたい。結果と信頼を得るためにやっていかないといけないと思います」

 社会人時代の19年にJABA選抜の一員として参加したアジア・ウインターリーグ(台湾)で、抑えとして6試合4セーブ、防御率0・63の数字を残した。経験のある新人が守護神の本命になりつつある。 (河合 洋介)
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月11日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム