広島・大盛 “読み勝ち”の一打 「阪神からしたら嫌な雰囲気」 狙い通り初球たたいて2点打

2021年03月11日 05:30

野球

広島・大盛 “読み勝ち”の一打 「阪神からしたら嫌な雰囲気」 狙い通り初球たたいて2点打
<神・広>  4回 無死満塁 右前に2点適時打を放つ大盛(投手・斎藤)    (撮影・成瀬 徹)   Photo By スポニチ
 【オープン戦   広島3-9阪神 ( 2021年3月10日    甲子園 )】 結果を出して生き残るだけだ。広島・大盛が積極打法で3年目で自身初の開幕1軍へ猛アピールした。
 0―3の4回1死満塁。直前の打者・林が死球で治療する間に頭の中を整理した。「阪神からしたら嫌な雰囲気。初球を叩こうと思った」。狙い通り、斎藤の143キロ高め直球を叩き右前へ2点打。「自分のスイングができた」と会心の一打に胸を張った。

 外野陣は鈴木誠、松山に加え右足首手術のリハビリを終えた西川が6日に1軍合流。「(主戦の中堅には)西川さんがいるし(2軍調整中の)野間さんが上がってくる可能性もある。気を抜かないで取り組みたい」。昨季は73試合出場で打率.259。スタートダッシュを決め、さらなる飛躍を遂げる一年にする。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月11日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム