阪神・斎藤 制球乱して5回で3四死球、次回は2軍へ 「反省の多い投球になりました」

2021年03月11日 05:30

野球

阪神・斎藤 制球乱して5回で3四死球、次回は2軍へ 「反省の多い投球になりました」
<オープン戦 神・広>5回1死二塁、西川に適時打を打たれた斎藤 (撮影・奥 調) Photo By スポニチ
 【オープン戦   阪神9ー3広島 ( 2021年3月10日    甲子園 )】 先発した阪神の斎藤は、3回まで1安打投球も4回に突然の変調。3四死球と制球が乱れたところをつけ込まれ、結果的に5回4安打3失点に終わった。
 「最初の3イニングは思ったイメージの投球をできていただけに4、5回は反省の多い投球になりました」。

 試合中にバランスが崩れると修正できないのが大きな課題。矢野監督は「いったんファームで…と思っているんだけど」と、次回は2軍戦での登板を示唆。山形県出身で特別な日を前にアピールしたかったが、かなわなかった。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月11日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム