ソフトバンク・武田 開幕ローテ入り見えた!直球&カーブで5回零封

2021年03月11日 05:30

野球

ソフトバンク・武田 開幕ローテ入り見えた!直球&カーブで5回零封
<ソ・巨>5回を投げ無失点に抑えた武田(撮影・中村 達也) Photo By スポニチ
 【オープン戦   ソフトバンク1ー1巨人 ( 2021年3月10日    ペイペイD )】 ソフトバンク先発の武田が、球種の大部分を真っすぐとカーブの2種に縛った。それでも5回2安打零封。開幕ローテーション入りに当確ランプをともした。試合後の工藤監督もご機嫌で「緩急良し。4、5回もきっちり。ああいう投球をしてくれると十分、先発としていけると思っております」と称えた。
 ローテーション入りの可能性を聞くと、腕を体に引き寄せるポーズで言った。

 「武田くんの話題はこれぐらいでいいですか?グイッと(先発をたぐり寄せた)ね。まだ争っていて試す投手がいるので近くなったということで。もう少し、お待ちを。よろしくお願いします」

 4回1安打零封した3日の中日戦以来の登板。武田は自主的に捕手・海野と打ち合わせし、生命線のカーブと直球だけで勝負し続けた。初回1死一、二塁で岡本を内寄り直球で空振り三振。続く丸はカーブで空振り三振。3回2死で坂本に118キロのカーブを左線二塁打されたが岡本を直球で左飛。4回以降は完全投球。この試合で5三振を奪った。

 「直球とカーブの縛りでいく形で徐々に修正していけた。あとは流れに身を任せるのみ」。今季のテーマは「脱力」。全77球中、31球がカーブ。直球は35球。ツーシーム、フォーク、スライダーもわずかに使ったが、ほとんど2つの球種で料理した。

 これで石川、高橋礼、和田、笠谷に続き開幕ローテーション切符をほぼ手中にした。あとは準備。武田は気を引き締める。「安心はないです。緊張感がなくなったら終わり。いい緊張で、やっていきます」。頼もしい武田が、戻ってきた。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月11日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム