ダルビッシュ「やるべき事を一生懸命、幸せを感じてやらなければ」 被災地へ思い寄せ

2021年03月12日 09:07

野球

ダルビッシュ「やるべき事を一生懸命、幸せを感じてやらなければ」 被災地へ思い寄せ
パドレスのダルビッシュ(AP) Photo By AP
 大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手(34)が11日(日本時間12日)、自身のツイッターを更新。東日本大震災から10年、被災地や日本に寄せる思いをつづった。
 「アメリカは3月11日です。東日本大震災では1万5899人の方が亡くなられています。亡くなられた方の1人1人が“生きたい”って思ったと思うと、やっぱり今日もやるべき事、できる事を一生懸命、幸せを感じてやらなければいけないなと思っています。
今日も一日元気にいきましょう」

 東北高出身のダルビッシュは高校時代の3年間を宮城・仙台で過ごした。震災当時は日本ハムに所属しており、被災地へ5000万円の義援金を送るなど復興支援を続けてきた。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月12日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム