楽天・田中将大 5回65球、1失点に「テーマに掲げていたことを、うまくできたところはあった」

2021年03月14日 15:42

野球

楽天・田中将大 5回65球、1失点に「テーマに掲げていたことを、うまくできたところはあった」
<楽・D>5回、マウンドで話をする太田(右)と田中将(撮影・西尾 大助) Photo By スポニチ
 【オープン戦   楽天―DeNA ( 2021年3月14日    静岡 )】 楽天の田中将大投手(32)が14日のDeNAとのオープン戦(静岡)に先発登板。5回65球を投げ4安打1失点に抑え、開幕に向けて順調な調整ぶりを見せた。今後は、20日の巨人戦でオープン戦最終登板し、開幕2戦目となる27日の日本ハム戦に臨む予定。
 試合後の一問一答は以下の通り。

――今日の投球内容について
「自分の中でテーマに掲げていたことを、うまくできたところはあった。まだもちろん完璧ではないけど、前回の反省を踏まえた投球をして、うまくゲームのマウンドで出せた。ある一定の満足感はありますね」

――抑えるためのボールの使い方、と登板前に話していた。
「球種のチョイスだったり、そういうのも良かったと思いますね。早いカウントから打たせてアウトを取ったり、そういうこともできたので良かったと思います」

――太田捕手との意思疎通については?
「テンポや動作、動き一つとっても徐々に良くなってきていると思う。よりいいバッテリーになれるように、お互いに意見を出し合いながらやっていけたらと思います」

――次回がオープン戦最後の登板になる。テーマは?
「まだまだ精度を上げていかないといけない部分がある。今日できたこと、今日なかなかうまくできなかったこと。そこをしっかりまた整理して、調整していけたらと思います」
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月14日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム