オープン戦最下位転落の中日・与田監督 四球で逃げ腰の柳に厳命「二度とないように」

2021年03月15日 05:30

野球

オープン戦最下位転落の中日・与田監督 四球で逃げ腰の柳に厳命「二度とないように」
<オープン戦 ヤ・中(1)>3回無死二塁、山田に勝ち越しタイムリーを浴びた柳。左は生還した青木 (撮影・森沢裕) Photo By スポニチ
 【オープン戦   中日4-5ヤクルト ( 2021年3月14日    神宮 )】 期待値が高いから、要求も高い。中日・与田監督が、開幕ローテーション入りを確定させている柳に苦言を呈した。6回8安打5失点の内容以上に、3―0の2回先頭で村上に対しカウント2―2から四球を与えた場面に語気を強めた。
 「主力相手に逃げたような投球はチームの士気が下がる」

 この四球を起点に3長短打を浴び3失点。マウンド上での姿に物足りなさを感じ、普段は温厚な指揮官が「二度とないようにしないといけない」と厳しい口調で繰り返した。柳自身も「先頭の四球を反省したい」と肩を落とした。

 チームも敗れ、オープン戦最下位に転落。「うまく機能していないところがあるから、順位にも結びつく」と与田監督。残りは5試合。一つずつ課題をつぶしていくしかない。(桜井 克也)
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月15日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム