中日・平田 奥川に“甲子園沸かせた先輩”として貫禄の一撃 開幕右翼は決定的

2021年03月15日 05:30

野球

中日・平田 奥川に“甲子園沸かせた先輩”として貫禄の一撃 開幕右翼は決定的
<オープン戦 ヤ・中(1)>初回2死二、三塁、平田は先制3ランを放ち、ナインの出迎えを受ける (撮影・森沢裕) Photo By スポニチ
 【オープン戦   中日4-5ヤクルト ( 2021年3月14日    神宮 )】 中日・平田が貫禄を示し開幕右翼を決定付けた。
 初回2死二、三塁、奥川の外角146キロ直球を右翼席へ先制の1号3ラン。清原和博(当時PL学園)と並び甲子園大会1試合3本塁打の記録を持つ男が19年に甲子園を沸かせた右腕をとらえた。

 春季キャンプは4年ぶりに1軍スタートし競争を勝ち抜いた形だが「より確実性を上げていかないと。そこが開幕までの課題」と気を引き締めた。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月15日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム