阪神・及川 将来楽しみなG斬りデビュー 矢野監督「タイガースを引っ張っていく投手に」

2021年03月15日 05:30

野球

阪神・及川 将来楽しみなG斬りデビュー 矢野監督「タイガースを引っ張っていく投手に」
<神・巨>2回も三者凡退に斬って取り、笑顔でベンチに戻る及川(撮影・北條 貴史) Photo By スポニチ
 【オープン戦   阪神1-0巨人 ( 2021年3月14日    甲子園 )】 巨人打線に真っ向勝負で立ち向かう姿に、1軍初登板とは思えない度胸が感じられた。伝統の一戦の先発に抜てきされた高卒2年目の及川は4回1安打無失点。今後へ期待が膨らむ内容だった。
 「投げ終えて、ほっとしている。結果(だけ)を見たらいい投球と思うんですけど、内容を見つめていくと反省点はいろいろある」

 初回から全力で腕を振った。先頭の若林を1球で右飛に仕留めて落ち着くと、北村、梶谷も飛球に打ち取った。2、3回も結果的に3人で終え、唯一のピンチだった最終4回も粘りきった。先頭の若林に唯一の安打となる二塁打を許し北村には四球。迎えるは中軸。間違えれば大量失点も考えられる中で梶谷をスライダーで遊飛。岡本和、丸はともに真っすぐで右飛、左飛に抑え窮地を脱した。

 12アウトのうち、フライアウトが10個。「本来の投球スタイル。甘く入った球でフライが多かったのは課題だが、甘かったけど捉えられていない球もあった。中軸を抑えたのは自信になった」。

 横浜高時代は春夏合わせ3度の甲子園出場を果たした。3年時は同僚の西純らと「高校BIG4」と呼ばれた逸材。昨季は甲子園で開催された6月25日のウエスタン・リーグ、オリックス戦で初登板初勝利を飾り、今度は1軍でも“初登板初勝利”。聖地は確実にホームグラウンドになりつつある。

 昨年の夏場には腰痛を発症しベッドから起き上がることにも苦労した。ファームの試合では故障組のため、試合の記録を毎回任されボールではなくペンを握る日々が約1カ月続いた。今年の春季キャンプも同期の西純が1軍に抜てきされた一方で高知・安芸からのスタートだった。それだけに1軍初登板は「いい経験になった」と充実感をにじませた。

 再び2軍への合流が予定されるが、矢野監督からは「タイガースを引っ張っていく投手になってもらいたい」と将来の左腕エースとして期待を寄せられた。まだまだ伸びしろは十分。「G倒」を飛躍への足がかりとする。 (長谷川 凡記)
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月15日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム