大島康徳さん、抗がん剤治療が中止に 治療開始から4年半「正常値にあった白血球が減少」「ガックリ」

2021年03月15日 17:31

野球

大島康徳さん、抗がん剤治療が中止に 治療開始から4年半「正常値にあった白血球が減少」「ガックリ」
元プロ野球選手の大島康徳氏 Photo By スポニチ
 ステージ4の大腸がんと肝臓転移を公表している元日本ハム監督で野球解説者の大島康徳さん(70)が15日、自身のブログを更新。正常値にあった白血球の数が減少し、発熱以外で初めて抗がん剤治療が中止になったことを明かした。
 「今回の抗がん剤治療ですが血液検査の結果から先生が『中止』の判断をされました。治療を始めてからもう四年半近くになりますがこれまでずっと正常値にあった白血球が今回、減少してしまいました」と報告。「発熱以外の理由で中止になったのは初めてのことです。はぁ~そうですかぁ~私の白血球君さすがに少し疲れちゃいましたかぁ~と、ちょっとガックリ」と続けた。

 この日は午前中に更新したブログで病院に到着したことや、これから血液検査を受けることなどを報告。血液検査の結果が出るまで病院でゆっくり朝ごはんやコーヒーを楽しむ様子を報告していた。

 現役時代に中日、日本ハムでプレーした大島さんは2002年まで3年間に渡って日本ハム監督を経験。2017年2月にステージ4の大腸がんを患っていることを公表した。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月15日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム