亀山つとむ氏 阪神・佐藤輝は浜風と友だちになれる 他球場なら天井スピーカー直撃見られるかも

2021年03月15日 06:00

野球

亀山つとむ氏 阪神・佐藤輝は浜風と友だちになれる 他球場なら天井スピーカー直撃見られるかも
<阪神>4回、佐藤輝が左翼ポール際に本塁打を放つ Photo By スポニチ
 【オープン戦   阪神1-0巨人 ( 2021年3月14日    甲子園 )】 【亀山つとむ 視点】佐藤輝の本塁打は、右打者が引っ張ったような弾道だった。いわゆる流し打ちではない。差し込まれているのではなく、引きつけて放り込む。アッパー気味のスイングの軌道も、あの低めの球を左方向へ高く遠く飛ばすためのものだろう。1打席目の左飛も風の状況次第では入っていた。
 甲子園で数試合しかしていないのに、浜風と友だちになる方法を知っている。大学時代も警戒され、引っ張れる内寄りの直球はほとんど来なかったのでは。カウント球で来る外角直球を本塁打にするための技術を磨き、もう既に身に付けている。甲子園でできるのだから、東京ドーム、神宮、横浜が楽しみでならない。天井スピーカー直撃や場外弾なども見られるかもしれない。プロ選手として勝敗を超えたところでも、ファンを魅了できる。

 オープン戦とはいえ、優勝を争う最大のライバルとの今年初対戦で決勝弾になった。昨季はなかった戦力で、分の悪かった戦績(8勝16敗)を一変させる可能性がある。巨人側からすれば、探りながら試したところもあり、今回を経て見方を変えるはずだ。もはや新人選手を見る感覚ではない。メジャーから加入した助っ人に近い。

 右翼守備では飛球処理が7つもあった。この2試合の印象では左翼よりも動きが良くみえる。好調のマルテを一塁で使うなら、サンズも陽川も外野が軸。佐藤輝を右翼に固定し、状態に合わせてサンズらを左翼で起用する方がチームとしても、うまく回るのでは。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月15日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム