ヤクルト・奥川 3回途中3失点で降板「悔いが残り、納得がいかない登板」

2021年03月15日 05:30

野球

ヤクルト・奥川 3回途中3失点で降板「悔いが残り、納得がいかない登板」
<オープン戦 ヤ・中>3回途中、宮台(右)にマウンドを譲り降板する奥川(撮影・村上 大輔) Photo By スポニチ
 【オープン戦   ヤクルト5ー4中日 ( 2021年3月14日    神宮 )】 先発したヤクルトの奥川は2回2/3を投げて5安打3失点だった。プロ初の中6日で今季2度目の実戦登板。最速147キロを計測も、初回に浴びた平田の右越え3ランを含む4安打が直球を捉えられたものだった。
 3回50球をめどにしていたが、3回2死満塁で60球に達して降板し「悔いが残り、納得がいかない登板になってしまいました」と反省。高津監督は次回登板について「体の状態を確認してから」と話した。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月15日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム