楽天・ドラ1早川 考える力で4回0封 前回痛打の変化球マー君「ヒント」に腕振り修正

2021年03月15日 05:30

野球

楽天・ドラ1早川 考える力で4回0封 前回痛打の変化球マー君「ヒント」に腕振り修正
<楽・D(3)>DeNA打線を封じる早川 (撮影・白鳥 佳樹) Photo By スポニチ
 【オープン戦   楽天3―1DeNA ( 2021年3月14日    静岡 )】 修正力の高さを見せたのは楽天・早川だった。DeNAとのオープン戦で田中将の後を受けて2番手で登板。4回1安打無失点に抑えて「課題を克服しつぶしていくのがプロ野球選手なのかなと思っていた。前回の課題を考えながら投げた」と振り返った。
 前回7日の中日戦では、変化球を痛打され4回8安打3失点。変化球の際に腕の振りが緩んでしまい、見極められた。この日はチェンジアップとカットボールで、5つの三振のうち4つを変化球で奪った。「変化球の腕の振りを意識した結果かなと思う」と1週間で、見事に立て直した。

 11日。田中将と並んでブルペン入り。「そこにヒントがあった。真っすぐと同じ軌道から全部、動かしていた」。投げだしは直球に近い軌道から、スライダーやスプリットを変化させる技術に驚かされた。イメージを深く意識付け。「カットボールで打ち取った場面は、真っすぐと同じ感じから動いていたから打ち取れたと思う」。学び、感じたことを試合で実行する能力の高さも早川の総合力だ。

 試合後、28日の開幕3戦目先発を石井監督から正式に伝えられた。涌井、田中将に続き頼れる新人左腕が、本拠地仙台の開幕カードでデビューする。(後藤 茂樹)
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月15日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム