パ・リーグがさいたま市とタッグで健康づくりを支援

2021年03月15日 12:45

野球

 パシフィックリーグマーケティング株式会社(PLM)が、球団応援歩数計アプリ「パ・リーグウォーク」が、さいたま市の健康づくり事業「さいたま市健康マイレージ」と連携すると発表した。4月1日から開始する。
 「さいたま市健康マイレージ」は、16年9月にスタートした歩くことを楽しみながら継続的な健康づくりを支援するさいたま市の事業。通信機能付き活動量計又はスマートフォンアプリを利用して、歩数や各種健診の受診に応じてポイントが付与され、ポイントに応じ景品の抽選応募や各種ポイントに交換ができる。

 「パ・リーグウォーク」は16年3月にスタートしたゲーム型健康増進プロジェクトで、日々の歩数で登録した球団を応援できる。今回の連携で、パ・リーグウォークのアプリ上からさいたま市健康マイレージに参加することが可能となる。

 今回の連携を記念し、PLMはパ・リーグウォーク内にて「西武ライオンズ」をお気に入り球団に登録すると抽選で西武のレプリカユニホームやフェースタオルなどが当たる「さいたま市を楽しく歩いてパ・リーグを応援!キャンペーン」を行う。

 <さいたま市を楽しく歩いてパ・リーグを応援!キャンペーン概要>

 ○期間 2021年4月1日~同30日
 ○内容 期間中に以下3つの要件全てを満たした方を対象に、「埼玉西武ライオンズ」のレプリカユニホームやフェースタオル等のグッズを抽選でプレゼント。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月15日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム