健大高崎・高松 完投勝利1番乗り!「一発破壊」打線から主役奪った

2021年03月20日 05:30

野球

健大高崎・高松 完投勝利1番乗り!「一発破壊」打線から主役奪った
<高崎健康福祉大高崎・下関国際>健大高崎先発・高松は三振を奪い雄叫びを上げる(撮影・井垣 忠夫) Photo By スポニチ
 【第93回選抜高校野球大会第1日第3試合 1回戦   高崎健康福祉大高崎6―2下関国際 ( 2021年3月19日    甲子園 )】 エースは余裕たっぷりだった。試合序盤、高崎健康福祉大高崎の高松将斗(ひろと)は、マウンドに来た女房役の綱川真之佑(しんのすけ)に声を掛けられた。「記者の方が写真を撮るから、かっこよく立っていよう」。緊張をほぐすための気遣い。「俺はかっこいいから大丈夫」と笑って返した。
 身長1メートル72と小柄な右腕は昨秋は背番号1を背負い全て救援登板。公式戦ではこれが、初先発だった。直球の球速は130キロ台も、この冬に習得したナックルカーブなど7種類の球種を駆使して、8回までわずか1安打投球。9回に2安打などで2点を失ったが、今大会初の完投勝利を挙げ「リズムをつくれたことが完投につながった。一つの自信になる」と振り返った。

 昨秋の公式戦は10試合で15本塁打の長打力で圧倒する「一発破壊」の新スタイルで関東大会を制覇。合計本塁打が200本を超える野手ばかりに注目が集まった。「悔しい気持ちを冬の練習に向けた」。新球種を習得するなどひと冬で進化を果たし、聖地で主役になった。

 センバツは初出場から4大会連続で初戦突破。青柳博文監督は「今日は高松と綱川のバッテリーに尽きる。投手陣はばかにされていたが、奮起してくれた。頼もしい」と称えた。看板の強力打線に加わったエースの力で、初優勝を目指す。(柳内 遼平)

 【記者フリートーク】高松は根っからの野球好きだ。父・裕さん(45)は「グラブを買ってあげたら、枕の横に置いて寝ていた。中学生の修学旅行でも、持って行くために(学校に)許可を取ったんですよ」と笑う。裕さんは千葉県内で農業を営み、昨年4月の自粛期間中には親子で田植えもした。「小さい頃から人よりも食べていましたね。お米もお餅も好き。今も補食のときにはチームに差し入れしたりしています」と力の源になっている。息子の快投をアルプス席から見守り「最高の結果です」と目を細めた。(アマ野球担当・川島 毅洋)

 ◆高松 将斗(たかまつ・ひろと)2003年(平15)4月28日生まれ、千葉県出身の17歳。小1から野球を始め、山田中では波崎ボーイズでプレー。高崎健康福祉大高崎では2年秋からベンチ入り。50メートル走は6秒5、遠投100メートル。好物は牛タン。1メートル72、78キロ。右投げ右打ち。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月20日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム