北海“チームの要”大津 サヨナラ負けの悔しさも「夏に向けてのプラス」

2021年03月20日 05:30

野球

北海“チームの要”大津 サヨナラ負けの悔しさも「夏に向けてのプラス」
<神戸国際・北海>9回、武本はスクイズを試みるもワンバウンドに空振り、捕手・大津がそらし三塁走者・坂本が生還(撮影・井垣 忠夫) Photo By スポニチ
 【第93回選抜高校野球大会第1日第1試合 1回戦   北海2―3神戸国際大付 ( 2021年3月19日    甲子園 )】 【お帰り!春球児】コロナ下で19年夏以来の開催となった甲子園大会。聖地に帰ってきた球児の思いに迫る。
 野球をやめなくてよかった。続けたからここにいる。無情にも二遊間へ転がる打球。悔しさが全身を貫いていく。北海の背番号2を背負う大津綾也には、サヨナラ負けの悔しさも成長の証だった。

 「ここに来るためキャッチャーとして毎日頑張ってきた。負けてしまったのは夏に向けてのプラスとして考えていければいい」

 8カ月前に失意のどん底にいた少年は、甲子園でここまで言える捕手になった。試合後のベンチ前、落ち込むエース・木村を「夏がある」と励ました。投手を支え、チームをまとめて、前を向く。その姿はまさしく「チームの要」だった。

 昨夏の独自大会(南北海道)は、準々決勝で自身の捕逸で札幌大谷にサヨナラ負け。自信を失った。最後の夏の甲子園を目指せずに高校生活を終えた1学年上の主将だった岸新太郎さんら先輩たちに「野球をやめたい」と申し出た。でも「おまえがいないとだめだ」と諭され、周囲にも励まされ、野球も捕手もやめなかった。昨夏のサヨナラ負けのシーンは動画でスマホに保存。何かあると見直して、自分を戒めてきた。

 1点リードの9回1死一、三塁。スクイズを低めの球でかわしながら三塁側にそらして同点を許した(記録は重盗)。大阪入り直後の練習試合で右足首を負傷。ぶっつけ本番の出場だったことも言い訳にはしない。「甲子園で改めて責任重大なポジションだと実感できた」。捕手・大津には熱い夏が待っている。(秋村 誠人)

 ◆大津 綾也(おおつ・りょうや)2003年(平15)5月28日生まれ、北海道出身の17歳。小1から野球を始め、北檜山中では軟式野球部に所属。北海では1年春からベンチ入り。50メートルは6秒6、遠投115メートル。趣味はスキー。好きな言葉は堅忍不抜。1メートル74、70キロ。右投げ右打ち。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月20日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム