阪神・佐藤輝 プロ初5番で初の3三振 右翼では初失策…悔しさは全て糧にする!

2021年03月20日 05:30

野球

阪神・佐藤輝 プロ初5番で初の3三振 右翼では初失策…悔しさは全て糧にする!
<オープン戦、オ・神>7回2死二、三塁、佐藤輝は空振り三振に倒れる(投手・富山)(撮影・坂田 高浩) Photo By スポニチ
 【オープン戦   阪神3ー1オリックス ( 2021年3月19日    京セラドーム )】 3戦連続弾でプロ初の京セラに乗り込んだドラフト1位・佐藤輝(近大)は、プロ初の5番に座った。開幕前ラスト3連戦での“昇格”に、矢野監督は意図を説明した。
 「ある程度、あいつの状態ももちろん良いし。そうなった方がいいかなと。マルテもああいうふうに選球眼がいいから。ああいう出塁の後の流れの中でというのは、思ったことはやってみようということでやってみた」

 指揮官の思惑通り、チャンスで面白いように打席が回ってきた。初回は2死一、二塁で同年代を代表する右腕・山本との初対決。1ボールから2球目の150キロ直球に反応した。大飛球で球場を沸かせたが、やや詰まり気味の打球は外野フェンス手前で失速する右飛。3回1死二、三塁の絶好機では、カウント2―2からのスプリットにバットは空を切った。昨年末には「日本を代表する投手だと思うので、やってみたい気持ちはもちろんあります」と待ち望んでいた対決。この日は完敗を喫したが、ここから球界をけん引する2人の初顔合わせに球場が魅了された。

 7回2死二、三塁でも空振り三振にたおれるなど、この日はプロ初の3三振を喫した。4打数無安打1四球。4試合連続弾とはならず、巨人・長嶋(現巨人終身名誉監督)が新人だった58年に記録したオープン戦7号はお預けとなった。

 6回2死一塁の右翼守備では、佐野如の右前打で三塁を狙った一塁走者を刺すべく三塁へ送球。だが、これが悪送球となり、右翼での初失策を記録した。攻守で精彩を欠いた夜。悔しい思いを、次戦への活力とする。(阪井 日向)

 《人気の証!ユニホーム受注はダントツ》「ウル虎の夏レプリカユニホーム」が18日から受注開始され、初日の受注数で佐藤輝が2位に10倍差を付けて1位となった。これまでの「ウル虎の――」の初日受注数で球団史上最多枚数とみられる。グッズ販売の担当者は「選手別で最多発注数ですが、それでも足りないかもしれないので、追加発注も検討しています」と話した。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月20日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム