日本ハム・松本剛 左腕撃ちアピール打!チーム唯一の打点

2021年03月20日 05:30

野球

日本ハム・松本剛 左腕撃ちアピール打!チーム唯一の打点
<中・日>8回、松本剛(右)は中前適時打を放ち、ベンチに戻りナインとグータッチ(撮影・椎名 航) Photo By スポニチ
 【オープン戦   日本ハム1-2中日 ( 2021年3月19日    バンデリンDナゴヤ )】 日本ハム・松本剛がチーム唯一の得点を叩き出した。8回1死二塁から左腕・福の初球、132キロスライダーを捉えて中前へ。二塁走者の石井がヘッドスライディングでホーム生還を果たした。
 「初対戦の投手だけど、初球から甘い球をしっかり振れた。いい場面で回ってきたから、ここは打つしかないなって」。近藤に代わって6回の左翼守備から出場。最初に巡ってきた打席だった。「相手は左だし、代打で回ってきた時のイメージを持っていけた。後から出場して最初の1打席は大事にしたい」と振り返った。

 西川、近藤、大田とそろう外野の壁は確かに厚いが、打力と走塁でアピールしなければならないことは百も承知だ。オープン戦打率も・318まで上昇したが、一喜一憂はしない。「数字を少しは気にしないといけないんでしょうが…。それより打席内容とか、シチュエーションでどうすべきかを、大事にしたい」と力説した。

 開幕まで残り2試合。「キャンプからやってきたことは順調にきていると思う。(開幕まで)あと何打席立てるか、分かりませんけど。今までやってきたことを表現していきたい」。ファイターズが自らに求める役割を自問自答しつつ、10年目のシーズンを迎える。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月20日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム