福島敦彦氏 チーム力高い天理の快勝劇 エース達は要所での力の入れ方を心得ている

2021年03月21日 05:30

野球

福島敦彦氏 チーム力高い天理の快勝劇 エース達は要所での力の入れ方を心得ている
福島敦彦氏
 【第93回選抜高校野球大会第2日第1試合 1回戦   天理7ー1宮崎商 ( 2021年3月20日    甲子園球場 )】 【福島敦彦の追球甲子園】チーム力の高さを感じさせる天理の快勝劇だった。1~3番が計1安打と機能しない中、昨秋までメンバー外だった木下君が7番で先発し2回に先制の適時三塁打。2ボールから第1ストライクを仕留めたのも見事だった。高校生が一冬越して大きく成長するのはよくあることだが、その成長を見極めて抜てきし、結果を出してくれたことは中村監督にとっても最高の喜びで監督冥利(みょうり)に尽きるだろう。
 注目の投手、達君は初戦の難しさもあり本来の力を発揮できない部分が多かった。それでも、肘の使い方が柔らかく1メートル93の長身も生かした真っすぐは球速以上の威力があった。8回1死一塁から三塁打を許して1点を失ったが2、7回を含め得点圏に走者を背負った場面では三振を奪うなど要所での力の入れ方も心得ている。硬さも取れる2回戦、強打の高崎健康福祉大高崎戦が今後を占う意味でも試金石になるだろう。 (報徳学園、慶大、中山製鋼元監督)
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月21日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム