虎の「鉄壁ブルペン」も死角なし 岩貞から岩崎、スアレスで会心の1点差勝利

2021年03月21日 05:30

野球

虎の「鉄壁ブルペン」も死角なし 岩貞から岩崎、スアレスで会心の1点差勝利
<神・オ> 2番手で登板した阪神・岩貞(撮影・大森 寛明) Photo By スポニチ
 【オープン戦   阪神2ー1オリックス ( 2021年3月20日    京セラD )】 阪神・岩崎が今春オープン戦では初めてマウンドに上がった。1点優勢の8回。まずは先頭・杉本を空振り三振に斬り、T―岡田に一塁強襲の安打を許した後、伏見を左飛、紅林を二直に退けて無失点で切り抜けた。
 「少し高かったのでシーズンに入ればゾーンを下げられるようにしたい」

 本番と同じようにスアレスにつなぐ役割をこなし、「そうですね。いつも0点で抑えられるように」と続けた。今春キャンプはコンディション面を考慮し、実戦登板なし。16日の教育リーグ・中日戦で今年初実戦を経て本隊に戻ってきた。

 7回は岩貞が19日からの連投。1死から代打・中川圭に左前打、太田に右越えに二塁打されて1失点したが、右翼・佐藤輝の送球ミスが絡んだもので自責点はゼロ。吉田正を直球、モヤをスライダーで連続三振に仕留め、腕は振れていた。“岩岩コンビ”からのスアレスという勝利の方程式を完成させての1点差勝利。これで開幕へ弾みがついた。

 《スアレス不安なし》スアレスは2―1の9回に登板し、大山の失策で走者1人を背負っても危なげなく無失点で締めた。オープン戦は4試合目で防御率0・00。セーブが付く状況では今春初めてのマウンドだった。最後に宗を空振り三振に仕留めた速球は158キロを計測。「体もボールも良かった。シーズンと同じように投げたかったので、1点差の状況で0に抑えられたのは良かった」。昨季セーブ王には何の不安もない。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月21日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム