オリ・能見が阪神戦に初登板 古巣、そして母校・鳥取城北の後輩に無失点で示した健在

2021年03月21日 05:30

野球

オリ・能見が阪神戦に初登板 古巣、そして母校・鳥取城北の後輩に無失点で示した健在
<神・オ>古巣の阪神相手に力投するオリックス・能見(撮影・大森 寛明) Photo By スポニチ
 【オープン戦   オリックス1ー2阪神 ( 2021年3月20日    京セラD )】 オリックス・能見が古巣の阪神と初対戦し、1回無失点に抑えた。「1点差だったので、いろいろ考えながら。楽しむ余裕まではなかったです」。1―2の8回に登板。両軍ファンから拍手と歓声で出迎えられた。「ありがたかったですね」。中野を空振り三振。ともに自主トレするなど親交がある大山に四球を与えた後、植田を一ゴロ、高山を二ゴロに仕留めた。
 選抜出場の母校・鳥取城北が春初勝利。毎年ボールを何箱も差し入れするなど気に掛けてきただけに「鳥取県はなかなか勝てなかったので本当に勝てて良かった」と祝福した。兼任コーチを担い、勝ち継投を含めた中継ぎ起用が見込まれ、中嶋監督は「(起用法は)言わないけど、こき使いますよ、能見コーチは」と冗談交じりにフル回転を期待した。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月21日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム