オープン戦“打点王”は貫禄の西武・山川 期待の成長株ヤクルト・浜田も2位にラインクイン

2021年03月21日 19:20

野球

オープン戦“打点王”は貫禄の西武・山川 期待の成長株ヤクルト・浜田も2位にラインクイン
ベンチ前でどすこいポーズをする西武・山川(左)(撮影・尾崎 有希) Photo By スポニチ
 プロ野球は21日、オープン戦の全日程を終了した。勝率1位チームは阪神となった。
 個人成績も確定し、打点トップの「打点王」には、西武の山川穂高内野手(29)が21日のヤクルト戦で4打点を挙げるなどして15打点で単独トップに。2位にはヤクルト・村上宗隆内野手(21)と並んで、同僚の浜田太貴外野手(20)が11打点でランクインした。

 浜田は、明豊(大分)出身で高校通算45本塁打を誇る右の強打者。ドラフト4位で2019年に入団し、昨季はプロ初本塁打を含む3本塁打を放つなど、将来の主軸候補としても期待されている。今オープン戦では16日の阪神戦で本塁打を放つなど4本を記録。コンディション不良のため20日からオープン戦のベンチを外れているが、シーズンでの爆発が期待される。

【打点上位】
1位 山川(西武) 15
2位 浜田(ヤクルト) 11
2位 村上(ヤクルト) 11
4位 若林(巨人) 10
5位 佐藤輝(阪神) 9
5位 島内(楽天) 9
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月21日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム