西武・森 レオ党の前で正捕手の責任感を口に 「自分が正捕手だという気持ちで引っ張っていきたい」

2021年03月21日 19:34

野球

西武・森 レオ党の前で正捕手の責任感を口に 「自分が正捕手だという気持ちで引っ張っていきたい」
<オープン戦 西・ヤ2>試合後、インタビューに答える森(撮影・尾崎 有希) Photo By スポニチ
 【オープン戦   西武8ー6ヤクルト ( 2021年3月21日    メットライフD )】 西武の選手会長を務める森友哉捕手(25)が、オープン戦の全日程を終え、スタンドのレオ党に向け「昨年悔しい思いをして、なかなか満足いくシーズンではなかった。今年は、まずはリーグ優勝して日本一を目指して戦っていきたい」と決意表明した。
 昨季は攻守に精彩を欠き「(チームに)すごい救われてきている。岡田さん、柘植とかいますけど“自分が正捕手だ”という気持ちで引っ張っていきたい」と責任感を口にした。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月21日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム