大崎 1点差で敗れる 人口約5000人の離島から大応援団が駆けつけるも

2021年03月23日 05:30

野球

大崎 1点差で敗れる 人口約5000人の離島から大応援団が駆けつけるも
<福岡大大濠・大崎>アルプス席にあいさつする大崎ナイン (撮影・亀井 直樹) Photo By スポニチ
 【第93回選抜高校野球大会第3日第2試合 1回戦   大崎1ー2福岡大大濠 ( 2021年3月22日    甲子園 )】 9回2死。大崎(長崎)の4番・調祐李の放った打球が、中堅手のグラブに収まった。昨秋の九州大会決勝で下した、福岡大大濠に1―2での惜敗。聖地1勝は持ち越された。清水央彦監督は「自分たちの弱いところ。ミスが出て負けるのは、一番やりたくない試合」と振り返った。
 エース・坂本安司は2回に失策絡みでピンチを招き2点を失った。それでもバックは3度、併殺を完成させるなど粘った。6安打2失点、113球で完投した右腕は「冬にやってきたことができなかったので悔しい。修正できなかった」と肩を落とした。7回には自らのバットで中前適時打を放つ意地は見せた。

 長崎県西杵築半島の西に浮かぶ人口約5000人の大島で、唯一の高校。三塁側アルプス席には島から大応援団が駆けつけた。秋山章一郎主将は「遠くから来ていただいて、勝利という形で終わりたかった。次は勝ちたい」。夏こそ恩返しを。大崎ナインは甲子園での敗戦を糧とする。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月23日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム