市和歌山 9回1死からサヨナラ勝ち 注目右腕・小園は県岐阜商打線を130球4安打8奪三振完封

2021年03月23日 11:05

野球

市和歌山 9回1死からサヨナラ勝ち 注目右腕・小園は県岐阜商打線を130球4安打8奪三振完封
<市和歌山・県岐阜商3回2死二、三塁、山本を見逃し三振に仕留めて雄叫びを上げる市和歌山・小園(撮影・北條 貴史) Photo By スポニチ
 【第93回選抜高校野球大会第4日第1試合 1回戦   市和歌山1―0県岐阜商 ( 2021年3月23日    甲子園 )】 第93回選抜高校野球大会第4日は23日、兵庫県西宮市の甲子園球場で2回戦が行われた。第1試合は市和歌山(和歌山)が県岐阜商(岐阜)をサヨナラで破り、2回戦進出を決めた。
 0―0で迎えた9回、市和歌山は1死一、二塁から亀井新生がセンタ―前に運び、二塁ランナーが生還。試合を決めた。

 投げては、ドラフト上位候補に挙がるエースの152キロ右腕・小園健太が最速147キロのストレートと多彩な変化球で130球の粘投。4安打8奪三振6四球で県岐阜商の強力打線を完封した。

 県岐阜商は6回以外すべての回で走者を出したが、好投手・小園の前にあと1本が出なかった。

 センバツの9回、1―0サヨナラ勝ちの完封は、17年2回戦、履正社の竹田が呉戦で記録して以来。

この記事のフォト

続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月23日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム