県岐阜商 サヨナラ負けで初戦敗退 高木翔斗主将「チャンスで1本が出なかった」

2021年03月23日 13:24

野球

県岐阜商 サヨナラ負けで初戦敗退 高木翔斗主将「チャンスで1本が出なかった」
<市和歌山・県岐阜商>サヨナラ負けに肩を落とす県岐阜商・高木(中央)(撮影・北條 貴史) Photo By スポニチ
 【第93回選抜高校野球大会第4日第1試合 1回戦   県岐阜商0―1市和歌山 ( 2021年3月23日    甲子園 )】 第93回選抜高校野球大会第4日は23日、兵庫県西宮市の甲子園球場で2回戦が行われた。第1試合では県岐阜商(岐阜)が市和歌山(和歌山)にサヨナラで敗れ、無念の初戦敗退となった。
 プロ注目の県岐阜商捕手・高木翔斗主将は「2年ぶりの甲子園ということで、いろいろな思いを背負って立ったんですが、最後は負けて悔しいしかないです」とコメント。

 大会屈指の好投手と言われる市和歌山・小園健太から、あと1本が出なかった。「初回、前半のほうがよく畳みかけたんですけど、チャンスで1本が出なかったので、そこが課題」と悔しがった。

 鍛治舍巧監督は「後半勝負だったけど、あと1本が出ませんでした。接戦になった時に少し雑な攻めになってしまった」と後悔。小園に対しては「スイングがよくできていたけど、あと1本が出なかった」とし、6回を無失点に抑えた先発の野崎は「良く投げてくれた」と労った。

この記事のフォト

続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月23日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム