大阪桐蔭・西谷監督「まだまだ力がないということ」 猛追及ばず初のセンバツ初戦敗退

2021年03月23日 14:51

野球

大阪桐蔭・西谷監督「まだまだ力がないということ」 猛追及ばず初のセンバツ初戦敗退
<智弁学園・大阪桐蔭> 先発登板の大阪桐蔭・松浦 (撮影・後藤 大輝) Photo By スポニチ
 【第93回選抜高校野球大会第4日第2試合 1回戦   智弁学園8-6大阪桐蔭 ( 2021年3月23日    甲子園 )】 第93回選抜高校野球大会第4日は23日、兵庫県西宮市の甲子園球場で1回戦が行われ、昨秋の近畿大会決勝を戦った智弁学園(奈良)と大阪桐蔭(大阪)のV候補がいきなり激突。大阪桐蔭は6―8で智弁学園に敗れ、2年連続12回目の出場で初の初戦敗退となった。
 猛追も及ばなかった。先発した今秋ドラフト候補の左腕・松浦慶斗が不安定な立ち上がりに4失点、5回から登板した右腕・関戸康介も6回に3点を失った。過去甲子園では4投手の継投が3度あるが、5投手の継投は初。17人が出場したのも初めてのことだった。死力を尽くした西谷浩一監督は「秋1度負けている相手に意地を見せたかったんですが、できませんでした。投手がということではなくて、全体的に守りからリズムを作るというゲーム運びができなかった。まだまだ力がないということがよくわかりました」と淡々と語った。

 智弁学園の先発・西村王雅については「いい投手だと分かっていたので、序盤からしっかり打っていこうという事でしたが、やはり力のあるいい投手でした」と感想。「また夏に向けて全てやり直しで、またこの甲子園で試合ができるようがんばりたい」と語った。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月23日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム