大阪桐蔭 プロ注目コンビが力出せず計7失点…松浦「空回りした」関戸「申し訳ない」

2021年03月23日 15:50

野球

大阪桐蔭 プロ注目コンビが力出せず計7失点…松浦「空回りした」関戸「申し訳ない」
<智弁学園・大阪桐蔭>あいさつを終え、一礼する大阪桐蔭・松浦(右)と関戸 (撮影・奥 調) Photo By スポニチ
 【第93回選抜高校野球大会第4日第2試合 1回戦   智弁学園8―6大阪桐蔭 ( 2021年3月23日    甲子園 )】 昨秋の近畿大会決勝の再戦。大阪桐蔭は6―8で智弁学園に敗れ、2年連続12度目の出場で初の初戦敗退となった。
 先発した今秋ドラフト候補の左腕・松浦慶斗が初回に4失点。5回から登板した右腕・関戸康介も6回に3点を失った。松浦は「練習試合でも初回の失点が多くて、絶対に初回を抑えてやろうという気持ちでいったんですけど、それが空回りしてしまった。冬にやってきたことを出したかったんですけど、力負けした」と肩を落とした。

 関戸は「チームとしても個人としても申し訳ない。下半身をうまく使えず上(半身)で上(半身)で投げてしまって、ああいう結果になってしまったと思います。自分が粘れなかったのが敗因」と悔やんだ。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月23日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム