【スポニチ評論家座談会~大阪編(3)】阪神・佐藤輝は「天才なのか」 評論家もうなる数々の要素

2021年03月23日 08:02

野球

【スポニチ評論家座談会~大阪編(3)】阪神・佐藤輝は「天才なのか」 評論家もうなる数々の要素
オープン戦<西・神> 9回、ベンチで笑顔の佐藤輝 (撮影・平嶋 理子)                                            Photo By スポニチ
 ――阪神・佐藤輝はオープン戦で12球団最多の6本塁打。ペナントレースに入ってもこのまま打てるのか? それとも苦しむのか?
 鈴木 大したもんだが、打たれた投手はプロの意地はないのかと言いたいね。

 大野 ストライクゾーンの反応がすごく良い打者。外角を逆方向に放り込めるのでシーズンに入ったらもっと厳しく内角を攻められるでしょう。でもあのスイングスピードを見せられたら、少し甘くなったらと思うと怖いですよ。

 野村 新人って、キャンプなどは先輩とかコーチとか見ちゃうもの。でもマイペースでやれていると聞きます。ただシーズンに入ると、オープン戦のときより投手の投げる球のキレがもうワンランク良くなる。それに戸惑わずにいければ、特に開幕3連戦をスムーズに入れるかどうかに注目したい。

 鈴木 今のピッチャーはオープン戦で試すとか様子を見たろとか、そんな余裕のある子はいない。自分が精いっぱいやからね。

 大野 僕は試すことはあった。打者は好きなところのボール1個分の周辺が弱点にもなる。そこに投げて反応を見ることはしたが、でも投手の本能としてオープン戦だから打たれてもいいと思うことはなかった。

 広澤 関西学生野球リーグで8シーズンで通算の打率が3割に届いていなくて、14本しか打ってないのに、プロに入ったら何でこんなにホームランを打てるのだろうと不思議。それは、対応力がいいからではないかと思う。天才なのかな。

 片岡 私はその関西学生出身(同大)なんですが…(笑い)。

 広澤 ごめんなさい、ごめんなさい。昨年の東京六大学なら早大・早川(楽天1位)や明大・入江(DeNA1位)、慶大・木沢(ヤクルト1位)、法大・鈴木(ロッテ1位)など各球団の1位投手が何人もいたリーグではないということです。

 片岡 もちろん、そうなのですが、でも広澤さん、最近の関西学生もレベルは上がっています(笑い)。

 広澤 本当に失礼しました!

 片岡 それに昨年の春季はコロナ下で開催されていないので実質は7シーズンなのですが(笑い)。キャンプ初日の打撃練習はそれほど良くなかった。でも練習していくうちに良くなっていった。いろいろなことを吸収していけるタイプなのかな…と。プロ入りまで、それほどレベルの高い打撃術や厳しいことを教えられてこなかったから、今やればやるほど成長していっているのかなと思います。大学時代も見ましたが、すごいスイングはしていた。子どもの中に大人が交じっている感じ。大学生が練習で使う、飛ばないボールでも、ものすごく飛ばしていた。ボールが無くなるから、いつもと違う広いグラウンドに移動して打撃練習していたっていうからね。高橋由伸(慶大―巨人)が1年目に打率3割ちょうどと19本を打ちました。村田修一(日大―横浜―巨人)は25本なんですが、佐藤輝はそれどころじゃないかもしれない。一体どこまで打つのだろうと期待してしまいます。ただ、打者って3週間くらいの周期で好不調の波がくるじゃないですか。だとすればちょうど開幕あたりに落ちてくる時期。でも少し打てなくても1年間ずっと使い続けなければならない選手だと思います。

 亀山 キャンプ初日はやっぱり力んでいた。でも2日目はすぐに修正できていた。スタンドでは冗談で、あれは新外国人のロハス・ジュニアちゃうかって言っていたくらいです(笑い)。

 片岡 本当にマイペース。でもプロでは、特に阪神では、それがいいと思う。

 亀山 ぶんぶん振り回すタイプだと思っていたけど、対応力もある。キャンプから無観客でやってきたのもいい方向に出たのだと思いますし、いい感じで開幕を迎えられるのは大きい。片岡さんと一緒で、仮にアベレージが低くスタートしてもずっと使い続けてほしい。

 赤星 広澤さんと同じことを言おうと思っていたのですが…。大学時代の成績がそれほどなのはどうしてなんだろうと…。でもキャンプから見てきて前さばきが多かったのですが、今は奥行きがあって、ちょっと差し込まれても力で逆方向に持っていきますし、引きつけられるのでボールをギリギリまで見られる。25本から30本くらいまで期待してしまいます。守備は不慣れな外野手で負担はあるかもですし、ライトだとスタンドからのヤジも聞こえてくるかもしれませんが、右から左で流せそうな感じもしますしね。

 新井 言うことないです。素晴らしすぎます。3割、30本、100打点くらいは当たり前だろうと見られていますが、まだ1年目なので、長い目で、温かい目で見てあげてほしいです。

 ――ファンの声は気にしないものなのか?

 新井  私はけっこう気にするタイプでした。

 一同 けっこうというか、一番気にしていたやろ(笑い)。

 新井 タイガースにいた頃はファンの視線を一身に集めていましたし。いろいろな悩みを片岡さんの部屋にいって相談させてもらった時もありました。

 片岡 新井はいろんな悩みがあったよな。

 新井 はい(笑い)。でも佐藤輝は最初はそれほどだったとしても、みなさんがおっしゃるように対応力はあるので、使えば絶対結果は出ると思います。

 関本 03年からタイガースが宜野座でキャンプをしているのですが、バックスクリーンを越える打球を放った選手を初めて見ました。実戦でもプロに入って初対戦の投手相手に、ほぼ真っすぐから対応している。ボール球を振らされる時もありますが、そこから対応していきますし、変化球をマークしながらもホームランにしますし、14日の巨人戦では戸根との対戦で初球の真っすぐを見逃した2球目のスライダーを右前打しているんです。読みだとか、いろいろ考えている。相手バッテリーも考えさせられるでしょうね。新人じゃなければ4番を打たせたい。中軸に右が多いので。でもルーキーなので、その後ろあたりがいいかもしれません。

 ※座談会(4)に続く。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月23日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム