決勝点はランニング2ランだ 途中出場の中京大中京・櫛田が殊勲 次は「柵越え」の夢を

2021年03月26日 05:30

野球

決勝点はランニング2ランだ 途中出場の中京大中京・櫛田が殊勲 次は「柵越え」の夢を
<中京大中京・専大松戸>7回2死二塁、中京大中京・櫛田は先制の2点ランニング本塁打を放ちベンチのナインと肘タッチ (撮影・後藤 大輝) Photo By スポニチ
 【第93回選抜高校野球大会第6日第1試合 1回戦   中京大中京2ー0専大松戸 ( 2021年3月25日    甲子園 )】 途中出場した中京大中京・櫛田理貴が決勝のランニング2ランを放った。0―0の7回2死二塁、外角寄り速球を捉えたライナー性の打球を、ダイビングキャッチを試みた左翼手が捕球できずフェンス際まで転がる間に自身も生還した。
 昨秋は三塁ベースコーチで公式戦出場なし。高橋源一郎監督から、極めるか、選手で勝負するかを問われ後者を選択。3月の練習試合で結果を出し17日の登録変更でメンバー入りした。柵越え本塁打は未経験で「一度は打ちたい」と笑うが「自分はそんな打者じゃない」と次戦以降も役割をまっとうする。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月26日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム