東海大相模 接戦制し3年ぶり8強!求&石田完封リレー、佐藤決勝打

2021年03月26日 10:46

野球

東海大相模 接戦制し3年ぶり8強!求&石田完封リレー、佐藤決勝打
<鳥取城北・東海大相模>2回1死二塁、先制の三塁線を破る適時打を放つ東海大相模・佐藤(撮影・平嶋 理子)                                            Photo By スポニチ
 【第93回選抜高校野球大会第7日第1試合 2回戦   東海大相模1―0鳥取城北 ( 2021年3月26日    甲子園 )】 第93回選抜高校野球大会第7日は26日、兵庫県西宮市の甲子園球場で2回戦が行われた。第1試合では、東海大相模(神奈川)が1―0で鳥取城北(鳥取)に勝利し3年ぶりに8強入りした。
 東海大相模は2回1死二塁から佐藤優真の三塁線を破る適時打で先制。その後、4回、8回、9回に得点圏に走者を進めたものの、あと一本が出なかったが、先発した2年生右腕・求航太郎が4回2安打無失点。5回からマウンドに上がったエース左腕・石田隼都も無失点に抑えて接戦を制した。

鳥取城北は初回1死一、二塁、3回1死一、二塁、7回1死一、二塁、9回1死三塁と好機をつくったが無得点。背番号11の右腕・山内龍亜は9回途中まで1失点と好投したが、打線の援護なく惜敗した。

この記事のフォト

続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月26日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム